GEOSIS-OCXマイナーバージョンアップのお知らせ 2018/05/18

■GEOSIS-OCX(2018.05.18.7)

  • 時間がかかるコマンドを実行した際に応答なしにならないようにしました。

■GEOSIS-OCX(2018.05.18.8)

  • FGBUNKコマンドで、GGSデータベースに対して編集を行う際に編集有効レイヤーのエラーが発生するとGGSデータベースへの接続が閉じられていなかったのを修正しました。
  • FGSELITMDBコマンドで、GGSデータのポリゴンを選択する際に選択できない場合があったのを修正しました。
  • FGDELEコマンドで、GGSデータのライン、ポリゴンデータの点を削除する場合にシステムダウンしていたのを修正しました。
  • FGLPZOOMコマンドで、DBベクターの個別描画のドット固定のシンボルで、マウスで大きさを変更するとサイズがおかしくなっていたのを修正しました。
  • FGSELITMDBコマンドで、画像アイコンが強調表示されない場合があったのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、線種が陰線のポリゴンデータの整飾で枠線が表示されていたのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、DSPGRIDコマンドでグリッドを表示している場合にグリッド線がクリッピングされていなかったのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、整飾のRラベルでサブマップを使用している場合に整飾データが表示されなくなる場合があったのを修正しました。RTラベルの場合は問題ありません。
  • PRINTOUTOP3コマンドで、プレビューでデータがずれて表示される場合があったのを修正しました。
  • 注記の描画で、縦長の文字サイズ設定をした場合に、文字間がつまる場合があったのを修正しました。
  • 座標値変換で、メートル単位から秒単位に座標値を変換する際に座標値の桁数が異常になる場合があったのを修正しました。
  • TIF描画で、2画面以上で同一TIFファイルを表示すると、表示されない場合があったのを修正しました。
  • 時間がかかるコマンドを実行した際に応答なしにならないようにしました。

■GEOSIS-OCX(2018.05.18.9)

  • FGGETFIGコマンドで、GGSデータベースに対してFGGETFIGの代表点取得時の検索速度を向上させました。
  • FGMOVコマンド、FGMOV2Pコマンド、FGMOVAコマンド、FGMOVCコマンド、FGMOVGRAPHコマンド、FGMOVRコマンド、FGMOVTコマンドで、コマンド実行中に再描画が発生し、且つマウスで移動を行うとシステムダウンする場合があったのを修正しました。
  • FGSELITMDBコマンドで、GGSデータのポリゴンを選択する際に選択できない場合があったのを修正しました。
  • FGDELEコマンドで、GGSデータのライン、ポリゴンデータの点を削除する場合にシステムダウンしていたのを修正しました。
  • FGLPZOOMコマンドで、DBベクターの個別描画のドット固定のシンボルで、マウスで大きさを変更するとサイズがおかしくなっていたのを修正しました。
  • FGSELITMDBコマンドで、画像アイコンが強調表示されない場合があったのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、線種が陰線のポリゴンデータの整飾で枠線が表示されていたのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、DSPGRIDコマンドでグリッドを表示している場合にグリッド線がクリッピングされていなかったのを修正しました。
  • PRINTOUTコマンド、PRINTOUTOP3コマンドで、整飾のRラベルでサブマップを使用している場合に整飾データが表示されなくなる場合があったのを修正しました。RTラベルの場合は問題ありません。
  • PRINTOUTOP3コマンドで、プレビューでデータがずれて表示される場合があったのを修正しました。
  • SETTHEMEコマンドで、属性注記表示で同一レイヤー上のラインとシンボルの属性を同時に表示した際に、シンボルの属性注記の表示角度がおかしくなる場合があったのを修正しました。
  • SETTHEMEコマンドで、属性注記のサイズ計算で半角のみの文字列の場合に、全角サイズで計算されていたのを修正しました。
  • 注記の描画で、縦長の文字サイズ設定をした場合に、文字間がつまる場合があったのを修正しました。
  • 座標値変換で、メートル単位から秒単位に座標値を変換する際に座標値の桁数が異常になる場合があったのを修正しました。
  • TIF描画で、2画面以上で同一TIFファイルを表示すると、表示されない場合があったのを修正しました。
  • 時間がかかるコマンドを実行した際に応答なしにならないようにしました。

■その他

  • GGSDB.DLLで、GGSデータベースに対してFGGETFIGの代表点取得時の検索速度を向上させました。(Ver9)
  • IMPORTDATA.DLLで、SHAPEファイルをDBベクターに変換する際に、DBFの項目が同じSHAPEファイルの既存レイヤーへの追記を可能にしました。(Ver8、Ver9)
  • IMPORTDATA.DLLで、IXYに変換する際に図郭外にデータが大きくはみ出ているとGEOSIS上で表示が出来なかったのを修正しました。(Ver8、Ver9)

| 利用規約 |

(C) 2020 AS Locus INC.